top of page
  • 執筆者の写真Admin

プロとの深い対話:ボイス産業エコシステムの可能性を掘り下げる。

物語を織りなす声が響く世界へ足を踏み入れる。あらゆる音が語り待たれる物語を運ぶ世界だ。広告の賑やかなブンブンから映画やポッドキャストの魅力的な物語まで、私たちを取り囲む世界だ。インドネシアの声産業の喧騒する風景の中で、驚くべき人物が立っている―― Bimo Kusuma、通称 Bimoky。MKS-14 Special Edition の製作に協力してくれた人物。



2024年2月25日、リス ホテル マリオボロで、彼とその尊敬される同僚たちが、声産業エコシステムの限りない可能性についての深い議論を行った。出席者の中には、多くの愛されるキャラクターの魅力的な声の裏にいる Tisa Julianti、声のマスタリーが限りなく広がる Arletta Danisworo、美しい物語を語る Binta Nadhila、感情と共鳴する声の Nicko Septiawan、音色と音質のマスターである Ian Saybani、そして、言葉ごとに絵を描く声の Haryoko も含まれていた。



Seruniaudio と Zeal Musik、私たちの認定販売代理店の一つがこのイベントを支援している。単なる話ではなく、それは体験だった。参加者はまた、MKS-14 Special Edition を独占的に体験する機会も得た。その結果は?MKS-14 Special Edition の比類のない品質に彼らの心は打ちのめされた。



すべてを締めくくるために、幸運な受賞者には豪華なドアプライズが待っており、すでに忘れられない夜にさらなる興奮が加わった。



おめでとうございます! 次回もお会いしましょう! 🎤🚀






閲覧数:2回0件のコメント

留言


bottom of page