top of page
  • 執筆者の写真Admin

MKS-14 Special Edition, マリンバ&ティンパニ

MKS-14 Special Edition マイクは、確かにポッドキャスト、ラジオ放送などの音声ニーズに特化して設計されています。しかし、アコースティック楽器のマイキングに使用することは可能でしょうか?また、打楽器をマイキングすることはできるでしょうか?


一度試してみる価値はあります!


私たちは、現在インドネシア芸術大学大学院で修士号を取得中の学生で、演奏芸術 - 西洋音楽 - パーカッション専攻に興味を持つ Ridho Gusti Pradana 氏の最終課題の一環として支援するよう招待されました。彼はプロのミュージシャンとしてのキャリアを積極的に追求しており、ジャカルタ交響楽団、ジョグジャフィルハーモニー管弦楽団、ジャカルタフィルハーモニー管弦楽団、トワイライトオーケストラ、ギタバハナヌサンタラオーケストラ(2010-2014)、マジェンタオーケストラ、ドゥイキダルマワンオーケストラ、エルウィングタワオーケストラ、FOMBI Musika、シンギーデンジャヤオーケストラ、インドネシア青年交響楽団、パーカッション研究グループなど、さまざまな音楽グループに参加しています。 Ridhlo Gusti はまた、「マレッツパーカッションリサイタル」(2013年)を開催し、「2014年のアゼルバイジャンのバクーでの若いパフォーマンスの国際フェスティバル」(お気に入りのマリンバプレイヤー)と「2016年のオーストラリア・メルボルンのオーストラリアン・マリンバ・コンペティション」に参加しました。



この試験では、合計4つのMKS-14 Special Editionマイクと2つのSEM-02マイクが使用されました。グランドピアノはSEM-02ステレオペアを使用し、マリンバとティンパニは各楽器にABステレオセットアップを使用したMKS-14 Special Editionでマイクされました。


2つのレパートリーが披露されました。第一は、1986年にRosauroによって作曲されたマリンバのための協奏曲で、元々はマリンバと弦楽団のために作曲されたもので、元のタイトルは「セレナータ」で、古典的、ジャズ、ブラジルのイディオムを使用しており、18分間の演奏です。それは「I. Saudação(挨拶)」、「II. Lamento(嘆き)」、「III. Dança(ダンス)」、「IV. Despedida(別れ)」の4つの部分で構成されています。


二番目の最終レパートリーは、Jarryd Eliasによるヒーローズ・ジャーニーです。これは、ティンパニのソロのための作曲で、コンピュータを使用したmidi伴奏または音楽再生が含まれます。


どんな音がするか気になりますか?以下の結果をご覧ください。






どうでしたか?MK-14 Special Editionマイクをパーカッション録音に使ってみたいですか? こちらのSeruniaudio販売店をご覧ください: https://www.seruniaudio.com/where-to-buy


閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page